「簡単に気持ちいいオナニーがしたい!」そんなあなたにおススメする新感覚オナニーのやり方と必須の神道具!

「簡単に気持ちいいオナニーがしたい!」そんなあなたにおススメする新感覚オナニーのやり方と必須の神道具!

「簡単に気持ちいいオナニーがしたい!」そんなあなたにおススメする新感覚オナニーのやり方

「簡単に気持ちいいオナニーがしたい!」そんなあなたにおススメする新感覚オナニーのやり方

「もっと気持ちいいオナニーがしたい」男性なら誰しも、1度は感じたことのある探求心。
しかし、毎日のオナニーはできるだけ手軽に済ませたいですし、どのような道具を使ったらいいか「考えるのも面倒…」といった人も少なくないでしょう。今回は、手軽に新しい快感を得られるオナニーのやり方と、用意しておくべき必須神道具について、ご紹介していきます。

普段のオナニーにチョイ足しするだけ?気持ちよさを倍増させる簡単すぎる方法

オナニー熟練者であれば、目をつぶっていても、寝ぼけていてもできてしまうオナニー。
しかし、何度も繰り返していくうちに快感は薄れていきますし、マンネリにより飽きを感じることも少なくありません。かといって、大掛かりな道具を用意することも面倒ですし、可能であればチョイ足し程度で大きな刺激を感じたいものです。
今回は、面倒な道具、手順を追加しなくても、これまでのオナニーが劇的に変化する、気持ちいいオナニーのやり方をご紹介していきましょう。簡単で手軽な方法だけではなく、プラスすることによってさらに多くのメリットが得られる厳選した神道具もご紹介します。マンネリオナニーを解消し、気持ちよさを手に入れてみましょう!

オナニーが気持ちよくない理由

オナニーが気持ちよくない理由

オナニーが気持ちよくない理由

そもそも、オナニーが気持ちいいと感じる仕組みや、逆に「気持ちよくない」「物足りない」と感じる仕組みを理解していますか?
男性のオナニーは特に、射精すればいいというわけではありません。射精したからといって、全ての男性が同じ快感を得ているとは限らないのです。
似たようなオナニー、同じ射精という行為であっても、得られる快感は人それぞれであり、気持ちいい人もいれば、全く気持ちよさを感じられない人もいます。同じ工程をふみ、同じ行為を行っているのに、なぜ気持ちよくないと感じてしまうのでしょうか。ここからは、オナニーをしても射精しても、気持ちいいと感じられないまたは感じにくい原因について解説していきます。
自身の生活や状況に当てはまっていないか、考えながら読み進めていきましょう。何かしらに当てはまっていた場合は、いくら道具を使用しても、いくら回数を減らしても気持ちよさを得ることはできません。根本原因と状況を理解し、オナニーライフに真剣に向き合っていきましょう。

オナニーが気持ちよくない理由

疲労感

疲労感

疲労感

オナニーで感じる快感は、身体の疲労感に大きな影響を受けます。
身体が極度に疲れている時、オナニーを続けても、射精しても快感を得られにくいということです。
「疲れマラ」という言葉があるように、「疲れている時の方が気持ちいいのでは?」と感じる人もいるでしょう。しかし、疲れている時に勃起したり、性的欲求が強まったように感じるのは、疲労感を麻痺させるため、体内にアドレナリンが分泌されているからなのです。
そのため、本来の性的欲求や興奮とは、異なる状態だと言えます。この時、欲求のまま性行為を行ったり、必死にオナニーをしても、身体の不快感や欲求不満を解消することはできません。
過剰に分泌されたアドレナリンがおさまり、射精によって放出されるプロラクチンにより、より一層心身ともに辛い状態になってしまう恐れもあります。オナニーという行為は、通常時であっても、100メートルを全速力で駆け抜ける疲労感に匹敵する行為です。
披露が蓄積した状態で何度も行ってしまうと、より大きな負担をかけ、快感も得にくくなるという悪循環に陥ってしまいます。

オナ禁

オナ禁

オナ禁

オナニーを制限する「オナ禁」と呼ばれる行為を実施することによって、快感を高められる思い込んでいる男性は少なくありません。
また、オナニーを毎日することは、「身体にも悪い影響を与える」と考えている男性もいます。しかし、オナ禁と快感は直接的に紐づいているわけではないため、この考え方は間違いだと言えます。伝説のAV男優であるしみけんさんも、「オナ禁によるメリット」「毎日のオナニーのデメリット」は、嘘だと発信していました。
むしろ、オナニーやセックスの回数が減る程、ペニスのサイズが縮小するなど、目に見える大きなデメリットを感じているようです。つまりオナ禁は、抑圧していた欲求が開放され、快感を感じているように錯覚するだけであり、実際には身体に抑圧という負荷をかけ、さらにペニスのサイズも小さくするなどのデメリットを与える行為なのです。
ストレスの原因、ペニスに関する自信喪失に繋がり、それらが快感をさらに遠ざけてしまうため注意しましょう。

男性特有のストレス

男性特有のストレス

男性特有のストレス

オナニーで快感を得られないのは、男性特有のストレスが原因の可能性もあります。
男性特有のストレスが原因が否かを判断するには、オナニーをしている時だけではなく、セックスの快感も合わせて思い出してみましょう。
数カ月前、数年前と比較して、オナニーやセックスの快感が弱まったと感じたり、心身ともに開放感を感じにくくなったという男性は、男性特有のストレスが原因の可能性が高いと言えます。男性特有のストレスとは、セックスでは「男性がリードしなければならない」「女性を気持ちよくしなければならない」といった固定概念です。
他にも、自身のペニスの大きさ、勃起時の様子に自信がもてないなども含まれます。つまり、性生活に関連した悩み、ペニスに関する不安が、快感を遠ざけている可能性があるのです。男性特有のストレスが原因の場合、様々なアダルトグッズを使用しても、好みの女性と性行為を行っても、欲求不満を解消することは難しいでしょう。
ストレスの根本原因を放置し続けた場合、射精障害や勃起に関するトラブル、さらには性行為への恐怖心が芽生え悪化するなど、様々なデメリットが発生する恐れもあるのです。

血行不良

血行不良

血行不良

血行不良により、快感を感じにくくなる場合もあります。
勃起し射精するというオナニーの一連の流れには、血流が大きく関係しており、血行不良はそのまま快感の大きさに直結するのです。シャワーだけで済ませることが多かったり、日常的に運動習慣がない男性は、血行不良の可能性があるため、注意しましょう。
血行不良には、食生活や性生活、心身のストレスなど多くの事柄が関係します。しかし、それらを全て解消したり、改善することは非常に難しく、特に独身男性や忙しい現代人には非常に難しいことだと言えるでしょう。
オナニーで快感を感じにくくなったというだけではなく、「勃起の勢いが弱くなった」「勃起してもなんだか弱弱しい」といった男性は、血行不良の可能性を考えつつ、冷たいローションや素手でのオナニーは控えた方が懸命です。

内容

内容

内容

オナニーを、「誰かに教えてもらった」という人は、それ程多くないでしょう。
ほとんどの場合、独自に触れ体感しつつ、オリジナルの方法を実施し続けます。
インターネットの情報を取り入れたり、改善を重ねつつ、自分に合った方法を模索し続けることが大多数です。つまりオナニーでは、正解も分からなければ、不正解であっても気付くことができないということになります。
オナニーのやり方、内容によっては、身体に悪影響を与えたり、射精障害など継続的なトラブルを発生させる場合もあるのです。オナニーで年々快感が減っていると感じるのは、オナニーのやり方が間違っている可能性もあるのです。

では、具体的に避けるべきオナニーのやり方をいくつかご紹介していきましょう。

1つ目は、寸止めオナニーです。
射精を意図的に止めると、静止画逆流し「逆行性射精」と呼ばれる状態になります。それらが繰り返されることによって、射精障害を発症する可能性があるのです。逆流した精子は膀胱にとどまり、それ自体が大きな問題という事ではありません。
射精する準備段階である身体を、強制的に止め、そして逆流させる行為が非常に危険なのです。

2つ目は、半立ちオナニーと呼ばれる方法になります。
男性は、半立ち状態でも射精することが可能です。完全に勃起させる時間がなかったり、簡単に済ませたいがために、半立ち状態で射精まで行う場合があります。
このようなオナニーを続けていると、セックスで中折れしやすくなったり、完全に勃起させたくても勃起させることができず、挿入できないといったトラブルを発症させる恐れがあります。
このようなストレスから、オナニーでも気持ちよさを感じられなくなり、悪循環となってしまうのです。

射精無快感症

射精無快感症

射精無快感症

勃起・射精しても、全く快感を感じないといった男性もいます。
このような場合、射精無快感症の可能性も考えられるのです。射精無快感症は、先天性と後天性があり、突然発症する場合も十分に考えられます。
先天性の射精無快感症の原因は、明確にわかっていません。しかし、後天性の射精無快感症はある程度原因がわかっています。
主な原因は、精神的なものです。心身への強いストレスや不安などが関係しています。快感を得られないだけで、勃起も射精も行えるため、EDとは異なるものだと認識しておきましょう。
後天性の射精無快感症を発症した場合は、心身に大きなストレスを与えている事柄を特定し、それらを解消する必要があります。セックスやオナニーに関する悩みや不安、仕事のプレッシャーなど、ストレス要因を探してみましょう。

気持ちいいオナニーに変える方法

気持ちいいオナニーに変える方法

気持ちいいオナニーに変える方法

気持ちいいオナニーを体験したいのなら、前項でご紹介した項目に該当していないか確認したのち、これらか紹介する方法を試してみましょう。
ここで紹介する方法には、道具が必要となる場合もあります。その際は、どのような道具を用意したらいいのか、また簡単に手に入れる方法まで具体的にご紹介していきましょう。

気持ちいいオナニー

冷温オナニー

冷温オナニー

冷温オナニー

簡単に刺激的なオナニーを楽しむのなら、冷温オナニーがおすすめです。
道具がなくても実施できますし、道具を活用することによって、より刺激を高めることもできます。
冷温オナニーとはその名の通り、温度を変化させペニスに伝わる刺激を変化させるオナニーです。道具を使用しない場合、手の温度を変化させ、実施します。しかし、手の温度には限度があります。さらに、外気に左右されやすいため、短時間しか楽しめないのがデメリットです。
そこで、神道具であるローションを用意してみましょう。一般的なローションではなく、温度に特化したローションです。温感ローションと呼ばれる、女性の膣内と同じ温度を再現できる良質なローションが存在します。冷たさを表現する冷感ローションというものもありますが、血流を滞らせる恐れもあるため、より強い快感を得たいのであれば、温感ローションを使用してみましょう。
最新温感ローションには、快感だけをもたらすのではなく、ペニスの増大が期待できる商品もあります。

ペニス増大ローション

前項でご紹介した、ペニス増大を実現する温感ローションについて、詳しく解説していきましょう。
ペニスの増大、さらには勃起時の力強さや継続力をサポートするのが、バイテラと呼ばれる温感ローションです。良質な成分、これまでになかった多くのメリットを持つ温感ローションということもあり、伝説のAV男優であるしみけんさんが紹介し大きな話題となりました。
バイテラには、NO系と呼ばれる成分が含まれています。
NO系とは一酸化窒素のことであり、アルギニンやシトルリンなどです。これらの成分は、血管拡張作用があり、力強い勃起を促します。さらに、プロテイン成分が含まれているため、その場だけペニスを強化するのではなく、力強い筋組織を作り上げるローションなのです。血行不良によるペニスのトラブル、疲労感や生活習慣によるペニスの縮小を防ぎ、自信が持てるペニス造りをサポートする温感ローションだと言えます。
特別なマッサージは必要なく、オナニーの最中、セックス時などに通常の温感ローションとして使用するだけです。オーガニック成分で作られているため、デリケートなペニスも、繊細な女性の身体でも、問題なく使用することができます。

サプリメントの使用

気持ちいいオナニーを体験するには、しっかりとした勃起とそれらの維持が必要不可欠です。
半立ちでのオナニーは、気持ちよさの半減だけではなく、その他のデメリットももたらすため、避けなければなりません。
力強い勃起及び、それらの継続を実現するため、サプリメントの使用がおすすめです。サプリメントは種類が多く、「どういったものを選んでいいかわからない」「何の栄養素を補ったらいいかわからない」という男性も多いことでしょう。
基本的にサプリメントは、足りない栄養を補ったり、体内で生成できない成分の摂取に適しています。そのため、精子や生殖機能、身体の維持に必要とされる亜鉛が含まれているサプリメントの摂取がおすすめです。亜鉛の必要性は、厚生労働省のHPでも紹介されています。
成長や日常生活に必要な栄養素であり、摂取する方法が詳しく紹介されるほどの栄養素です。オナニーのためだけではなく、健康やこれからの生活のために、摂取してみてはいかがでしょうか。

事前準備

事前準備

事前準備

良質なオナニーのためには、事前準備も重要です。前項でもご紹介したように、心身の健康状態や、日常生活に関するデメリットの蓄積も、オナニーの快感に大きく関係します。
優れたアダルトグッズを使用したり、サプリメントを摂取しても、生活習慣の蓄積を覆すことが難しい場合もあるのです。また、良質な生活を送ることによって、ローションやサプリメントの効果を、より高めることもできます。
オナニーの快感を改善すると同時に、実生活も見直してみるといいでしょう。急激な改善が難しい場合は、ローションやサプリメントなどの道具を活用しつつ、ゆっくりと着実に改善してみてください。

神道具を使用して気持ちいいオナニーを楽しんでみよう!

オナニーを楽しんでみよう!

オナニーを楽しんでみよう!

化学や技術の進歩により、気持ちいいオナニーをサポートする様々な神道具が誕生しています。
オナニーやセックスの補助としてだけではなく、ペニスへの直接的アプローチによるストレスの解消、トラブルの未然防止など、多くのメリットをもたらす良質アイテムが販売されているのです。
それらを活用しながら、マンネリ化した自身のオナニーを見直してみましょう。気持ちよく感じられない原因や、不適切な生活習慣など、新しい発見も期待できます。性生活を充実させ、より充実したライフスタイルを手に入れてみましょう!