手コキの快感を数十倍に引き上げる方法を徹底解説!

手コキの快感を数十倍に引き上げる方法を徹底解説!

手コキの快感を数十倍に引き上げる方法を徹底解説!

手コキの快感を数十倍に引き上げる方法を徹底解説!

オナニーの大定番「手コキ」に飽きを感じていませんか?
単調な手コキであれイケるものの、どうせなら気持ちよさを追求したいものです。もし、手コキの快感を、簡単にしかも数十倍引き上げる方法があるとしたら、試してみたい人も多いことでしょう。そこで今回は、平凡な手コキを劇的に変える、簡単で効果的な方法を徹底解説します。

手コキを気持ちよくする方法

手コキには、いくつか方法があります。何度も繰り返している男性であれば、独自の方法をあみ出している人もいるでしょうし、多くの知識を持っている場合もあるでしょう。
しかし、若年層やオナニー初心者だった場合、そのような知識を有していることも少なく、手を使って男性器を上下させるといった、基本的な方法のみを試している場合も少なくありません。
オナニーの方法を積極的に聞けない人もいますし、こういったインターネット記事から情報を集めるしかないのです。 それではここから、手コキをより気持ちよくする方法を、具体的にご紹介していきましょう。初心者や若年層にもわかりやすい、基本的な方法から、玄人にも実践してほしい新しい手法まで、詳しく解説します。

気持ちいい手コキ

握り方

握り方

握り方

手コキには、様々な握り方が存在します。一般的なやり方は、「片手握り」と呼ばれる方法で、利き手で男性器の中間を握り、上下に動かす方法です。
男性器を握っていないもう一方の手が自由に仕えるため、睾丸や尿道を同時に刺激することができます。片手握りと近しいものとして、親指と人差し指で擦り上げる方法もあります。男性器の長さが短く、太目な人に適した方法です。
また、両手で握って前後に動かす「両手握り」と呼ばれる方法もあります。
男性器全体を包み込むことによって、女性とのセックス挿入時を再現することができるオナニーです。両手で握る際も、片手で擦る場合も、力加減には注意しましょう。 強い刺激は、確かに気持ちが良いのですが、それらを続けてしまうと早漏や遅漏など、射精に関するトラブル症状が発症してしまう可能性があります。いつもと違うオナニーを体験するのであれば、強さを変えるのではなく、握り方や握っている最中の体位そのものを変えてみましょう。

体位

体位

体位

手コキオナニーでは、体位の変化でも刺激を変化させることができます。
最もポピュラーなやり方は、胡坐をかいて男性器を握りしめる方法です。射精後の後始末が楽であり、映像を見ながらする際も適しています。
快感を強めるなら、四つん這いがおすすめです。セックスの正常位に近い体位であり、強い刺激を感じることができます。
M字型に膝を立て、男性器を刺激する方法もありますが、身体が硬い場合、無理は禁物です。いずれにしても、足がピンと伸びる「足ピンオナニー」になってしまわないように注意しましょう。
足に力が入り、伸びきった体勢でのオナニーは、射精しやすいという特徴がある一方、セックスで射精しづらくなったり、他の体勢ではイケなくなるなどのリスクも抱えています。
気持ちのいい体勢だからこそ、ハマってしまう人が多いのですが、適度に他の体勢をはさみ、足ピンオナニーだけをやり続けない工夫が必要です。

時間

時間

時間

手コキの快感を倍増させるためには、行う時間にもこだわる必要があります。
男性の射精や快感は、リラックスしている状態の方が強く感じる傾向にあり、ストレスを感じにくい時間に実施するのがおすすめなのです。
「ストレスが溜まっている時程オナニーをしたくなる」といった男性もいますが、オナニー終了時の賢者タイムは、ストレスを感じることがわかっているため、オナニー=ストレス発散という認識が、必ずしも合っているとは限りません。
ストレスがないリラックス状態でのオナニーの方が、心身ともに快感を得られる場合もあるのです。心身ともにリラックスした状態で、すぐにオナニーを始められるようにするため、安心して行える場所の確保も重要ですし、準備等も容易でなくてはなりません。大掛かりな性玩具は、快感を得られる反面、準備も後片付けも手間がかかってしまうため、あまりおすすめできないでしょう。

オナ禁

オナ禁

オナ禁

毎日数回のオナニーを繰り返している男性より、週に数回のオナニーを実施している人の方が、大きな快感を得ることができます。
オナニーの回数が多いと、快感になれてしまい、マンネリを感じてしまいやすいのです。そのため、同じ手コキを繰り返していても、得られる快感が徐々に減ってしまいやすくなります。 そのため、手コキで快感を得たい場合は、オナニーの回数を制限するのもポイントです。
これまでの回数から10%ほど減らしたり、毎回射精するまで実施しないなど工夫してみましょう。
しかし、長期的なオナ禁や、射精の中断、半立ち状態での射精には注意しなければなりません。射精の寸止めや半立ち状態での射精は、のちに射精障害をもたらす可能性があるからです。 長期的なオナ禁も、テストステロン値が変化しないことから、無意味であることが分かっています。
7~9日程度のオナ禁であれば、精子の運動量が上昇したり、テストステロン値が上昇するといったメリットが見られますが、それ以上のオナ禁では、オナニーを毎日行っている人と大差なく、意味がないと言えるのです。

性家電

性家電

性家電

手コキに性家電を用いる方法もあります。
オナホを使って手コキを行う方法もありますし、バイブやローターを使って、手コキを補助する方法もあるのです。
大掛かりな性玩具ではないため、手軽に準備でき、後始末もそれ程苦ではないでしょう。しかし、一般的なセックスよりも刺激が強くなりやすく、またセックスでは体験しない快感のため、ハマり過ぎに注意する必要があります。
性家電を使用した手コキにハマってしまうと、一般的なセックスで射精できなくなったり、外出先でのオナニーでイケなくなるなど、後々デメリットが発生する可能性もあるのです。適度な回数であれば、刺激的で十分に楽しめるでしょう。性家電を使った手コキには、ローションの使用もおすすめです。

ローション

性家電を使用する際も、また使用せず手コキをする場合も、ローションの使用は必須だと言えるでしょう。
オナニーにローションを使用することに、抵抗を感じる男性もいます。「後始末が面倒」「気持ちいいのかわからない」などの理由から、ローションの使用を避けてしまっているのです。 しかし手コキにローションを使用するだけで、これまでとは全く異なる快感を得ることができます。
ローションは、男性器と手の摩擦を軽減するため、力加減やスピードもこれまで以上に幅広くすることができるのです。また、摩擦がないことから刺激がダイレクトに男性器に伝わるため、当然快感も倍増します。
激しい手コキから、強弱を用いた手コキなど、あらゆるプレイに対応でき、その全ての快感を男性器に与え続けることができるのです。手コキにローションを使用する際は、より快感を得られる温感ローションを使用してみましょう。
温感ローションを使用することによって、女性とのセックスをリアルに再現しながら、手コキによって自分好みの刺激を楽しむことができます。

手コキ用ローションの選び方

手コキの快感を倍増させるためには、性家電の使用もおすすめですが、ローションで手軽に大きな快感を得ることも可能です。
さらに使用するローションによっては、男性器そのものを強化したり、繰り返して使用することによってさらに嬉しい効果が期待できる商品もあります。ここからは、手コキ用ローションを選ぶ際のポイントと、良質成分とはどのような成分なのか、詳しくご紹介していきましょう。

値段

値段

値段

手コキなどのオナニーは、セックスよりも頻度が高いことが予想されます。
そのため、お得に楽しめるように、安価なローションを選びがちです。安価なものであれば、100ml1,000~2,000円程度で販売されています。
もちろん、それ以下の商品も存在しますが、ある程度の成分を求めるのであれば、安くても2,000円前後が望ましいでしょう。
頻繁に利用するものだからこそ、安価な物が欲しいという人もいれば、頻繁に使うからこそ良質な物を選びたいという人もいます。実際に、セックスで使用するローションよりも、自分だけで使用するオナニー用ローションの方が「高額な物を使用している」という人も存在するのです。

成分

成分

成分

手コキで使用できるローションには、大きく分けて4つのタイプが存在します。
「水溶性ポリマータイプ」「グリセリンタイプ」「水溶性非ポリマータイプ」「シリコンオイルタイプ」です。
安価な商品は、水溶性ポリマータイプであることが多く、乾きにくくある程度片づけやすいという特徴を持っています。水溶性ポリマータイプのローションとして広く知られているのが、ペペローションです。大量にローションを使用する、風俗店でも愛用されています。
ポリマーと呼ばれるポリアクリル酸ナトリウムは、直接的に有毒な成分ではありません。
しかし、水分を吸収し大きくなる特徴を持っているため、女性とのセックス時に用いると、残留物として残ってしまう恐れがあります。さらに、化学成分のため、アレルギー反応や皮膚トラブルを発症する可能性もあるのです。性器は特にデリケートな部分のため、手コキに使用するローションは、オーガニック成分や天然素材等十分にこだわってみましょう。

部屋に置けるもの

部屋に置けるもの

部屋に置けるもの

オナニーに使用するローションは、部屋におけるパッケージであることが望ましいでしょう。
あからさまにローションと分かるボトルや、パッケージでは、出しっぱなしにすることができず、オナニーをしたい時、すぐに使用することができません。
手コキなどのオナニーだけではなく、セックスに用いる際も、繊細さのないパッケージであれば、彼女に拒絶されてしまう恐れがあります。
ある程度の年齢であれば、自室の様子、使用する商品にもこだわりを持たなければなりません。自分だけが良ければいいのではなく、成分はもちろん部屋の様子にも清潔さを意識しましょう。自室や使用する物へこだわりを持つことができれば、おのずと仕事や恋愛などもプラスに向上します。

口コミ

口コミ

口コミ

企業が行う多くのPRよりも、消費者同士が持ち寄る口コミ情報の方が、有益な場合が少なくありません。
メリットもデメリットも包み込まず発信されていることから、商品を正しく理解したうえで購入するか否かを検討することができるのです。
手コキで使用するローションを購入する際も、購入者の口コミを参考にしてみましょう。また、口コミを総合したランキングなども参考にしてみてください。仮に、高額な商品だったとしても、多くのランキングで上位を独占していれば、価格以上のメリットがあり大きな人気を持っているということになるのです。

手コキに使うおすすめローション

手コキに使用するローションの選び方がわかっても、探すのが「面倒」「決められない」といった男性も多いことでしょう。インターネットで名前を入力し、手っ取り早く良質な商品を購入したいと考える人もいます。そこで最後に、手コキに使うおすすめローションを、いくつかご紹介していきましょう。どういった部分がおすすめなのか、またデメリットはないのか、正しくご紹介していきます。メリット及びデメリットを理解したうえで、使用するローションを決定してみましょう。

バイテラ(VITERA)

バイテラのおすすめポイントは、大きく分けて4つあります。

■1つ目のポイントは、温感ローションという部分です。
容器から手のひらに乗せるだけで、自動で人肌まで温まってくれます。特に、擦り合わせたり、ボトルを振る必要もありません。ローションを容器に移し入れ、電子レンジで過熱する必要もないのです。温感ローションのため、すぐに使用でき、セックス時の膣内を再現することができます。他温感ローションとは違い、温まるスピードや手間がないと、非常に好評です。

■2つ目のポイントは、成分が非常に優れているという点です。
オーガニック成分や動物エキスを使用しているため、肌の弱い男性でも安心して使用することができます。
もちろん、女性とのセックスに使用しても問題ありません。誰でも安心して使用できるローションということは、製造企業が実施した様々なテスト及び検査でも実証されています。パッチテストやスティンギングテスト、RIPTなど複数の厳しい検査をクリアした良質なローションなのです。


■3つ目のポイントは、成分にも関係していますが、使えば使うほど、男性にとって大きな効果をもたらす部分です。
バイテラには、男性器をサポートする成分が含まれています。具体的には、NO系成分や和漢、プロテイン成分などです。血管を拡張し、血流を促す成分であり、力強い立ち上がりに効果を発揮します。さらに、使い続けることによって、男性器の増大も期待できるのです。
セックス時にも使用できるローションのため、中折れや半立ちなど、セックスに関する悩みも解消できます。


■4つ目のポイントは、料金です。
こだわりぬかれた成分だけを使用しているため、それ程安価な商品ではありません。しかし、自社サイトで定期購入した場合のみ、非常にお得に利用することができるのです。バイテラは使えば使うほど、男性にとって多くの効果をもたらします。そのため、定期購入でも損することなく、お得に利用できるローションなのです。

未経験なんてもったいない!温感ローションで極上の快感を体験してみよう!

温感ローションで極上の快感

温感ローションで極上の快感

手コキを満喫するには、ローションの使用がおすすめです。まだ経験したことのない男性は、是非試してみましょう。安全にそして安心して楽しむため、成分にも十分こだわってみてください。温感ローション、プラスアルファの要素を持った良質ローションを使用し、極上のオナニーを体験してみましょう!