ペニス増大の方法とは!?必要な成分アルギニン・シトルリン・マカ・亜鉛を徹底解説

ペニス増大の方法とは!?必要な成分アルギニン・シトルリン・マカ・亜鉛を徹底解説

ペニスを鍛えたい!

ペニスを鍛えたい!

ペニスを鍛えたいといっても腹筋や背筋のように分かりやすいトレーニングがあるわけではありません。
では、いわゆるチントレをする時はどのような栄養素を摂り、どのようなトレーニングが効果的なのでしょうか。効率良くペニスを鍛える方法を紹介します。

チントレにオススメ動画

AV男優しみけんのバイテラトレーニング

ペニスに良い成分を摂ればペニスを鍛えられるって本当?

ペニスに良い成分

ペニスに良い成分

ペニスの大きさに長年悩んでいる男性にとって、大きさはそもそも遺伝で決まるのでどれだけトレーニングをしても意味がないと感じている人は多いでしょう。実際、身長や足の長さなどと同じように遺伝によってある程度ペニスの大きさや長さは決まってしまいます。

しかしながら、一卵性の双子であっても育ってきた環境や運動、食べるものによって身長や体型に大きく差が出るように、ペニスも遺伝だけで全てが決まるわけではありません。後天的にペニスを鍛えることで、今まで抱えていたコンプレックスに別れを告げることもできるのです。ペニスにコンプレックスがあるからといって諦めずに、どうやって鍛えていけば良いか一緒に考えてみましょう。

ペニスを鍛える方法は?それぞれのメリット・デメリットも解説!

「鍛える」というと、腹筋や背筋といった筋トレを連想する人は多いでしょう。
もちろんそうした筋トレ、いわゆるチントレによってペニスを鍛えることはできます。しかし、実はチントレ以外にもペニスを鍛える方法は存在しています。ここではペニスを鍛える4つの方法と、それぞれのメリット・デメリットを簡単に解説していきます。

ペニスを鍛える4つの方法

筋トレ

筋トレ

筋トレ

ペニスを鍛える時、最もオーソドックスな方法はチントレです。
チントレとはスクワットをすることで太ももの筋肉を鍛え、ペニスに流れる血液の量を増やすことなどで行われます。
当然ながら、メリットとしてはペニスだけではなく身体全体をバランス良く鍛えることができるため、健康状態が改善したり風邪を引きづらくなったりするなどの良い効果があらわれるでしょう。肩凝りや頭痛などの慢性的な悩みからも解放されるかもしれません。

一方で、筋トレはなによりも継続することが難しいことが知られています。
最初は楽しく行えていても、思ったより筋肉がつかなかったり体重が減らなかったりするとモチベーションが下がってしまい、やめてしまうという人は多いでしょう。
他にも旅行や飲み会、出張や帰省など普段と環境が違うことがきっかけで今まで継続していた筋トレをやめてしまい、再開しないまま終わってしまうという人も少なくはありません。
毎日の努力が必要になってしまうため、筋トレだけでペニスのコンプレックスを克服するのは現実的ではありません。

サプリ

サプリ

サプリ

筋トレに比べると、サプリメントの服用は継続に対するハードルが低いと思われがちです。
実際、それほど時間をかけずに毎日飲むだけですので辛い思いをしなくても簡単に続けることができます。「毎日夕飯の後に飲む」と決めておけば筋トレに比べて習慣化することも容易いのがメリットだといえるでしょう。

しかし、サプリメントの服用もデメリットがないわけではありません。
アレルギーなどを持っている人は思うとおりにサプリメントを服用できないケースもあります。さらに副作用やアレルギーの心配がなくても飲み会などが続くと飲み忘れてしまうことも少なくはありませんし、サプリメントの購入自体に非常にお金がかかってしまいます。チントレに比べて楽に続けることができる分、家計を圧迫するリスクがあることは忘れてはいけません。

ローション

ローション

ローション

実はオナニーやセックスの時に使われるローションの中には、使うだけでペニスを鍛えられるものも存在しています。
そうしたローションを購入し、オナニーの時に毎回使う癖をつければ簡単にペニスを鍛えることができるでしょう。コストの面でもサプリメントよりは安価に購入できる場合がほとんどですので、それほど無理せずに続けることができるというメリットがあります。

こうしたローションを使ってペニスのコンプレックスを克服することは、一見非常に楽で続けやすく思えるかもしれません。
実際、チントレやサプリメントよりは続けやすいと考える人も少なくはありません。しかしながら、ローションによっては使用前後に非常に手間がかかってしまいます。
そもそも通常のローションは使用の前にひと肌に温める必要がありますが、湯煎の場合はそもそもお湯を沸かすのが面倒ですし温度の調整も難しくなってしまいます。
だからといって、電子レンジを使うと温度の調整に失敗してレンジの中でローションが爆発してしまう可能性があり、オナニーどころではなく掃除の手間がかかってしまう恐れもあります。
さらにローションを使うと、終わった後の処理も非常に手間がかかる場合がほとんどです。ローションの中にはボディソープを使って必死に洗っても洗い流せないベタベタしたものも少なくはなく、そうしたローションを購入してしまうと後始末が面倒で使うこと自体が嫌になってしまうというケースも決して少なくはないのです。

手術

手術

手術

どうしてもペニスにまつわるコンプレックスを解消したいのであれば、実は手術という手段もあります。
あまり知られていませんが、女性の豊胸手術と同じようにペニスも手術によって大きくすることができるのです。手術なら継続的な努力をする必要がないため一日ですぐにコンプレックスを解消することができるでしょう。

しかし、そもそもペニスのコンプレックスを解消するために手術を受けるということは心理的なハードルが高くなってしまいがちです。
もちろんサプリメントやローションとは比べ物にならないほどのお金がかかってしまいますし、傷跡が残ってしまえば周りの人にペニス手術を受けたことがバレバレになってしまい新たなコンプレックスができてしまう恐れもあるでしょう。
ペニスを鍛えたい場合の選択肢として、手術は最も現実的ではない方法だと言われています。

ペニスを増大させたい時に摂るべき栄養素は?

先ほど、筋トレに比べて継続しやすく、飲むだけということでローションのように後始末の手間も要らない方法としてサプリメントの服用を紹介しました。
実際、アレルギーや副作用という心配事やお金がかかりがちというデメリットはあるものの、サプリメントは手軽な方法として多くの男性に支持されています。
では、どのようにペニスを増大させるサプリメントを選べば良いのでしょうか。ここでは摂るべき栄養素5つの紹介と、それぞれの副作用について紹介していきます。

ペニスを鍛える栄養素

シトルリン

シトルリン

シトルリン

シトルリンは、ペニス増大成分として最も有名な栄養素といっても過言ではありません。
サプリの成分表示を見ると、ほぼ全てのサプリに含まれているでしょう。シトルリンには血流をアップさせる効果があり、勃起時の硬さに悩む人は積極的に摂りたい栄養素として知られています。中折れや膣内での射精ができない人はシトルリンの力を借りると良いでしょう。

そんなシトルリンはそれほど重篤な副作用もなく、比較的安心して飲むことができると言われています。実際、主な副作用も胃もたれ程度だと言われているので飲みやすいと感じる人も多いのではないでしょうか。念のため医師や薬剤師、登録販売者に相談しながら服用してみても良いでしょう。

アルギニン

アルギニン

アルギニン

シトルリンと同じくらいペニス増大成分として有名なのがアルギニンです。
アルギニンには精子の生成を促進したり、勃起時間を延長したりする効果があります。さらに、勃起しづらい人もアルギニンを摂取することで勃起しやすくなるため早漏に悩む人の強い味方になってくれるでしょう。実際、アルギニンが不足している人はEDになるリスクが高いという説もあります。

しかし、アルギニンは過剰摂取しすぎると心筋梗塞などの重篤な副作用を引き起こす恐れがある栄養素です。
EDや早漏に悩んでいるからといって、大量に摂取すると心臓に負担がかかってしまう恐れがあります。基礎疾患がある人はもちろん、自分は健康体だと思っている人もアルギニンを摂取する際には十分に気を付けましょう。

亜鉛

亜鉛

亜鉛

亜鉛は弊社からも販売しているサプリメントとして、多くの人にご好評をいただいています。
ペニスを鍛える効果はもちろん、薄毛を予防する効果も期待できるため男性にとっては非常にありがたい栄養素だといえるでしょう。亜鉛が不足すると髪の毛が薄くなるだけではなく、性欲が減退してしまう恐れもあるため男性としては常に意識しておきたい成分の一つです。

亜鉛もシトルリンと同じく目立った副作用は存在していないため、比較的安心して服用できるサプリメントだということができます。
ただし、食事だけでも摂取しやすい栄養素のため、サプリメントでも服用してしまうと稀に過剰摂取となってしまい下痢を引き起こしてしまう恐れがあります。普段からお腹が弱い人は亜鉛を摂り過ぎないように注意してください。

マカ

マカ

マカ

「ペニスを鍛えるならマカ!」というイメージを持っている男性は非常に多いでしょう。
マカの効果としては、男性ホルモンの分泌を促進することによって精液の量を増やしたり精子の運動量を活発にしたりという効果が確認されています。
そんなマカですが、副作用としては亜鉛と同様に下痢を引き起こす恐れがある栄養素です。
さらに男性ホルモンの分泌を促進することによってニキビができやすい身体になってしまう恐れがあります。思春期でもないのに顔中にニキビがあると、女性から不潔な人だと思われてしまう可能性は高まるでしょう。マカを摂る時には下痢を防ぐために適量を摂取するように意識するだけではなく、しっかりスキンケアもしていくようにしてください。

オルニチン

オルニチン

オルニチン

最後に紹介する栄養素はオルニチンです。
シジミなどに多く含まれていて二日酔いの時に摂取する人も多いオルニチンは、基礎代謝を高めてくれる栄養素として知られています。
そんなオルニチンの効果としては、ペニスに対して直接働きかけをするというよりも既に紹介したシトルリンやアルギニンの効果をアップさせてくれる効果が知られています。そのため、オルニチンが入っているサプリだけを単独で飲むよりは、シトルリンやアルギニンを摂取できるサプリの中でオルニチンが入っているものを選ぶと良いでしょう。また、あまり知られていませんがオルニチンには肌を綺麗にしてくれる効果もあると言われているので、マカでできたニキビを改善したい人にも効果的かもしれません。

そんなオルニチンは、それほど重篤な副作用はなく亜鉛と同じように下痢を引き起こしやすくなる程度だと言われています。
しかしながら、ペニスを鍛えようと思ってサプリメントを飲めば飲むほど、色々な栄養素の摂取量が増えて副作用が起きやすくなってしまいます。アルギニンの心筋梗塞のような重篤な副作用はもちろん、下痢やニキビなども悪化すると辛い副作用であることに変わりはないので気を付けてください。

バイテラも使ってさらに効率的に鍛えよう!

ここまでで紹介した5つの栄養素は、それぞれ副作用があるものの効果的に摂取することでペニスを効率良く鍛えることが可能です。
しかしながら、サプリメントだけでペニスを鍛えようと思ってもお金がかかってしまうため難しいという人は多いでしょう。実際には、サプリメントだけではなくサプリメント+チントレ、サプリメント+ローションのように何かと合わせて行った方が効率的にペニスを鍛えることができます。

そこでおすすめなのが、亜鉛のサプリメントと同じように弊社から発売されている「バイテラ」というローションです。
実はこのバイテラは、ローションの項目で紹介した「使用前後に非常に手間がかかる」というデメリットも克服している画期的なローションです。バイテラがどんなローションなのか、最後に4つの特徴を紹介していきます。

特徴①簡単に処理できるボディソープ不要のローション

処理が簡単

処理が簡単

ローションの中にはベタついてしまい、ボディソープを使ってもなかなかベタベタした不快感を払拭できないものも少なくはありません。
しかし、バイテラはそうした多くのローションとは違い、後始末の際に手間がかかりません。ボディソープを使えば簡単にベタベタ感を落とせるのはもちろん、水やお湯だけでも十分に不快感を払拭することができる画期的なローションなのです。

そのため、ゆっくりしたい賢者タイムにローションのベタベタと格闘する必要はありません。
簡単にお湯でシャワーを浴びるだけで、爪の隙間や指の間などのローションが入り込みやすい部分も綺麗にすることができるでしょう。
さらに、包茎の男性にとってもバイテラは非常に使いやすいローションです。包茎の男性の場合は包皮とペニスの間にローションが溜まってしまい恥垢となり悪臭の原因となることもありますが、簡単に洗い流せるバイテラならそうした心配もありません。そのため、ズルムケの男性と同じようにローションプレイを堪能することができます。これはズルムケ・仮性包茎・真性包茎に関わらずローションプレイ愛好家の多くの男性にとっては朗報だといえるでしょう。

特徴②温かいのですぐに使える

温感

温感

冷たいローションの場合、湯煎や電子レンジなどローションを使う前に手間がかかってしまう恐れがあります。
もちろん、ローションを温める専用器具を使えば誰でも簡単にローションを適温まで温めることはできますが、そういった専用器具を買うことに抵抗があるという人もいるでしょう。そのため、多くの男性はローションを買ったは良いものの温めるのが面倒で使わなくなってしまうということがあります。

しかし、バイテラは温感ローションなのでそういった心配も要りません。
温感ローションはそもそも、常温で保存していても塗った瞬間に温かさを感じられる成分が含まれているローションなので、使いたい時にすぐに使えるというメリットがあります。また、そんな温感ローションの中でもバイテラは特にリアルなローションとして知られています。
温感ローションの多くが35~36度と比較的ぬるめの温度しか体感できないのに対し、バイテラはなんと38度前後の温かさを感じさせてくれます。実は女性の膣の平均温度は38.5度前後だと言われているため、いかにバイテラがリアルで気持ち良いローションかが分かるでしょう。

使い終わった後の手間が少ないだけではなく、使いたい時に手間をかけずにすぐに使えるというのがバイテラの特徴です。これだけでもローションとしての性能の高さが分かっていただけるのではないでしょうか。

特徴③バイテラ自体にも嬉しい成分が配合

優しい成分

優しい成分

いつでもすぐに使えるローションのバイテラですが、もちろんペニスを鍛える成分も配合されています。
アルギニン、シトルリンのNO系成分はもちろん、プロテインや根茎成分といったようにペニスを鍛える時に必須となる成分が含まれているため、バイテラも使うだけでペニスを鍛えられるローションの一つだといえるでしょう。

すなわち、サプリを服用しながらバイテラを使うことで今までよりも効率的にペニスを鍛えることができるのです。
突然彼女ができてセックスに向けて早期にペニスのコンプレックスを解消したいという男性は、サプリメントを飲みながらスクワットなどで身体を鍛え、オナニーの時にバイテラを使うことで早めに効果が実感できるでしょう。それほど急いでいる人ではなくても、短期間で効果を出してモチベーションを維持したいという人にもサプリメント+バイテラの組み合わせはおすすめです。

特徴④肌に優しく安全性もバッチリ

安全性

安全性

色々な嬉しい効果を実感できるバイテラですが、肌に優しくて安全性に関しても信頼できるローションです。
敏感肌で普段から肌荒れに悩んでいるような男性でも安心して使うことができるため、開封後に肌荒れが発覚して使わなくなってしまうという心配もそれほど必要ありません。

さらに、男性よりスキンケアに気を使っている人が多い女性からもバイテラは人気を集めているローションです。
バイテラに含まれている成分によって、バイテラを使用した後はまるで美容液を塗った後のように肌がしっとりしてくれるのです。そのためペニスを鍛えたい男性がオナニーの時にバイテラを使うのはもちろん、セックスの時にもローションプレイを彼女に誘いやすくなるでしょう。
今までは「ローションなんて肌が荒れそうだから嫌だ」と思っていた彼女も、手コキなどでバイテラに実際に増えて使用後のしっとり感を実感することでローションプレイも前向きに検討してくれるかもしれません。

さらに温感ローションであるバイテラは、セックスの時にも寒い思いをせずに快適に使えます。
また、オナニーと違って全身にローションを塗るセックスでも、バイテラのように洗い流しやすいローションなら使用後のストレスも緩和できるでしょう。ボディソープでこすらなくても良いというだけで肌に優しく落とせることはまず間違いありません。
いつか彼女とローションプレイをしてみたいと夢見る男性は、バイテラを購入しておくのも良いのではないでしょうか。

ペニスは今からでも鍛えられる!サプリ&バイテラで自信をつけよう!

「巨根の人は親もペニスが大きいに違いない」や「自分が短小なのは遺伝だから仕方ない」などと諦めて、彼女を作ることを避けたりセックスに対して苦手意識を持ったりする男性は少なくありません。
しかし、既に紹介したようにチントレやサプリメント、ローションといった現実的な方法でペニスを後天的に鍛えることは決して不可能ではないのです。

今までひょろひょろとしたモヤシ体型の人がスポーツを始めて突然マッチョになるように、サプリメントを服用してバイテラを使いながらオナニーをするだけで長年のペニスに関するコンプレックスも解消されて自信を持ってセックスを楽しめるようになることもあるでしょう。
「どうせ自分は粗チンだから女性に笑われるに違いない」なんて諦めてしまうのはいつでもできます。どうせなら、そんな風に諦める前にできるだけペニスを鍛えてみるのも良いのではないでしょうか。

このコラムにおすすめのVITERA商品
ボディマッサージリキッド
(化粧品 100ml)
増大・莫増のマッサージジェル
ナイトパワーアップサプリメント
(サプリメント 30日分)
NO系成分配合のサプリメント
メンズデオドラントミスト
(15ml)
トレーニング後はニオイのケアもおすすめ