薄毛(抜け毛)悩みの原因は?効果的な対策も紹介!

4,980円(税込)以上のご購入で送料無料!

薄毛(抜け毛)悩みの原因は?効果的な対策も紹介!

薄毛(抜け毛)悩みの原因は?効果的な対策も紹介!

薄毛(抜け毛)悩みの原因は?効果的な対策も紹介!

男性も女性も悩む人が多い薄毛(抜け毛)ですが、多くの人は体質的なものだと諦めてしまっています。
しかし、実は遺伝や体質だけが原因ではなく、自分の生活習慣を見直すことで薄毛(抜け毛)対策ができる可能性もあるのです。薄毛(抜け毛)の原因や、効果的な対策方法を紹介していきます。

薄毛(抜け毛)はしっかり対策しよう!

薄毛(抜け毛)はしっかり対策しよう!

薄毛(抜け毛)はしっかり対策しよう!

「最近髪の毛が薄くなってきた気がする」と自覚しても「祖父も父も薄毛だから仕方がない」や「そろそろ年齢的にしょうがない」と、諦めてしまう人は少なくありません。
あるいは、まだまだ若くても「こういう体質なんだろう」や「少し早まっただけだから諦めよう」と、自分を無理やり納得させてしまうこともあるでしょう。

もちろん、薄毛(抜け毛)の中には遺伝的に避けづらいものもあります。
しかしながら、薄毛(抜け毛)の原因によっては自分自身ができる対策によって対応することが可能です。薄毛(抜け毛)にはどのような原因があるのか、どういった対策が効果的なのか、諦める前に一度考えてみてはいかがでしょうか。

薄毛(抜け毛)のデメリットは?

「なんとなく恥ずかしい」という気持ち以外にも、薄毛(抜け毛)には大きなデメリットがあります。
薄毛(抜け毛)は仕方のないこと、と軽視してしまう人が多いですが、実は深刻なデメリットが隠されているので、まずは薄毛(抜け毛)によるデメリットをチェックしてみましょう。

思春期はからかわれる

思春期はからかわれる

思春期はからかわれる

多くの人は男女ともに40歳以降に薄毛(抜け毛)悩みを抱え始めると言われていますが、早い人の場合は中学生くらいから薄毛(抜け毛)が始まってしまうケースもあります。
そうなると、周りの同級生から「ハゲ」や「若ハゲ」といった心無い言葉をぶつけられることもあるでしょう。周りは軽い気持ちでからかっているだけかもしれませんが、本人にとっては大きなトラウマとなってしまう恐れがあります。

そのため、最終的にそうしたからかいが原因で、対等な人間関係が築けず人間不信になってしまう恐れもあります。
思春期を過ぎて周りから外見のことでからかわれなくなっても、「周りは口に出さないだけで自分を馬鹿にしている」と思い込んでしまうケースもあります。友達同士で軋轢が生まれるだけではなく、仮に好きな人ができたり告白されたりしても、相手のことを信じられずにせっかくの縁が台無しになってしまう恐れもあります。
若年性の薄毛(抜け毛)は、その後の人生にも大きな影響を及ぼす可能性が高いのです。

外見のコンプレックスになる

外見のコンプレックスになる

外見のコンプレックスになる

誰かにからかわれる経験がなくても、薄毛(抜け毛)は自分で気付いてしまうコンプレックスです。
そのため、おしゃれに消極的になってしまい、鬱の原因となる可能性があります。特に女性の場合、薄毛(抜け毛)が始まると化粧にすら消極的になってしまうケースもあると言われています。誰かに会ったり自分でおしゃれを楽しんだりできないと、自分でも気付かないうちに鬱が進行してしまい、取り返しのつかない事態を招いてしまう恐れがあります。

20代~40代くらいで薄毛(抜け毛)の悩みが大きくなると、仕事にも支障をきたす恐れがあります。
本当は接客業をやりたいのに外見のコンプレックスのせいで人と会わなくても良い仕事を選択してしまったり、営業として働いていて充実していたのに内勤への異動希望を出すこともあります。単に「恥ずかしい」という感情を持つだけではなく、薄毛(抜け毛)によって選択肢の幅が狭まる可能性もあります。

外に出るのが嫌になってしまう

外に出るのが嫌になってしまう

外に出るのが嫌になってしまう

そもそも、薄毛(抜け毛)によって外出自体が嫌になってしまう恐れもあります。
学校や仕事、買い物といった最低限の外出はこなせても、誰かと遊んだり余暇を楽しんだりすることに対しては消極的になってしまうこともあります。
そうなると、一見分からないように見えても引きこもり状態になる可能性もあるでしょう。
さらに、仕事を引退した後、一人暮らしを楽しんでいたはずが薄毛(抜け毛)により外出に消極的になり、社会から孤立してしまうというケースもあります。若年層の薄毛(抜け毛)はイジメなどの問題になりますが、高齢者だからといって薄毛(抜け毛)が悪影響を及ぼさないわけではありません。社会からの孤立や自己肯定感の不足、さらには孤独死といった問題に発展する恐れもあるのです。

薄毛(抜け毛)の原因は?

多くの人を悩ませ、年齢問わず人間関係などに悪影響を及ぼす恐れがあるのが薄毛(抜け毛)です。では、薄毛(抜け毛)はなぜ起きてしまうのでしょうか。主な3つの原因を紹介していきます。

遺伝

遺伝

遺伝

全男性の30%が発症すると言われているのが、最近テレビCM等でもおなじみの「AGA」です。男性ホルモンの影響で薄毛(抜け毛)になる病気ですので、男性はもちろん女性でも発症する可能性があります。若い頃から薄毛(抜け毛)に悩む人は大半がAGAが原因で、若く発症すればするほど進行が早いと言われています。

疾患・薬の副作用

疾患・薬の副作用

疾患・薬の副作用

病気によって薄毛(抜け毛)になってしまう人もいます。特に甲状腺の機能が低下する「橋本病」は、自覚症状の少ない病気として知られていますが、薄毛(抜け毛)によって発覚することもあります。
もちろん、橋本病だけではなく、貧血など他の疾患でも薄毛(抜け毛)になることもあります。また、病気だけではなく服薬している薬の副作用によって、一時的に薄毛(抜け毛)になる可能性もあります。有名なものとしては、抗がん剤などの副作用で薄毛(抜け毛)になるイメージは多くの人が持っているのではないでしょうか。

頭皮環境

頭皮環境

頭皮環境

自分で対策しやすい薄毛(抜け毛)の原因としては、頭皮環境によるものでしょう。ストレスがかかると、細胞の中に活性酸素が増えて健康な細胞を傷つけます。
この傷つけられた細胞は、いわば細胞が錆びているような状態になり、動脈硬化やシミの原因になりやすいと言われています。男女問わず、高齢者の顔や手にシミが増えるのも、この活性酸素が影響しています。
活性酸素は動脈硬化やシミの原因になるだけではなく、細胞を傷つけて発毛を妨げる働きもあるため、過度のストレスによって薄毛(抜け毛)が進行する恐れがあります。

また、男性の場合、年齢を重ねると加齢臭を気にする人が多くなります。
加齢臭は年齢だけではなく食生活が原因となっている場合が多いですが、多くの人はシャンプーで対策しようと思って強く洗いすぎてしまいがちです。
実は、こうした頭皮の過度な洗浄は、皮脂の欠乏の原因となります。皮脂が欠乏すると、欠乏した皮脂を補おうと頭皮が過度に皮脂を分泌してしまいます。その結果、シャンプーの後で頭皮が炎症し、毛根にダメージを与えてしまうのです。ダメージを与えられた毛根は弱い髪の毛しか作れなくなるので、結果的に薄毛(抜け毛)になってしまうのです。

薄毛(抜け毛)への効果的な対策は?

主な3つの原因で薄毛(抜け毛)は発生してしまいます。年齢を重ねれば重ねるほど、薄毛(抜け毛)になる可能性は高まるでしょう。では、そんな薄毛(抜け毛)にはどのような対策が効果的なのでしょうか。それぞれの原因に対する対策を見てみましょう。

遺伝への対策

遺伝への対策

遺伝への対策

遺伝によって男性ホルモンが多くAGAになってしまっている場合、通院が一番効果的な対策となります。
早期に病院を受診し、内服薬や外用薬で治療しましょう。特にAGAは、放置していると一気に症状が進行してしまいます。症状が進行すると薬での治療も効果が出づらくなってしまうので、早く病院に行くことがなによりも大切です。

疾患・薬の副作用への対策

疾患・薬の副作用への対策

疾患・薬の副作用への対策

疾患や薬の副作用で薄毛(抜け毛)になってしまっている場合は、原因となっている疾患の早期治療が大切になります。
基本的に「薄毛(抜け毛)になってしまうから」という理由で治療を中断することは、まずありません。かつらなどで対策をしつつ、疾患の根治を目指すと良いでしょう。

疾患や薬の副作用によって薄毛(抜け毛)になってしまっている場合、疾患が完治することで薄毛(抜け毛)がなくなる可能性は高いと考えられます。
以前とは髪質が変わってしまうなど全てが元通りにならない恐れもありますが、薄毛(抜け毛)自体は改善されるので地道に治していくようにしてください。

頭皮環境の改善

頭皮環境の改善

頭皮環境の改善

頭皮環境によって薄毛(抜け毛)になってしまっている場合、自力での対策が非常に効果的です。たとえばジャンクフードなどを多く食べている人は、野菜中心の食生活にするだけで薄毛(抜け毛)の改善が期待できます。また、ストレスをため込んでいる人も自分に合ったリフレッシュ方法を見つけることで、薄毛(抜け毛)が改善することもあるでしょう。

最もおすすめなのは、頭皮や毛根に良いシャンプーを使うことです。
たとえばシリコンが入っているシャンプーは髪の指どおりが良くなるものの毛根が詰まってしまう恐れがあるため、長期的には悪影響だと言われています。そうしたシャンプーではなく、毛根をケアできるシャンプーを使うことで薄毛(抜け毛)が改善されるでしょう。
加齢臭が気になる男性の場合、強く洗わなくても加齢臭ケアができるようなシャンプーにすることで、適切な洗い方が可能になる場合もあります。遺伝への投薬による対策や疾患の根治よりも短期間で効果が出やすいため、ぜひ取り組んでみてください。

薄毛(抜け毛)対策ができるシャンプーを選ぶためには?

頭皮や毛根に良いシャンプーを使うことで、比較的短期間でも薄毛(抜け毛)対策が可能になります。では、効果的なシャンプーを選ぶためには、どのような点に着目すれば良いのでしょうか。3つのポイントを紹介していきます。

洗浄力に注目

洗浄力に注目

洗浄力に注目

毛根に良いシャンプーは、強い力で洗わなくても毛根を正常な状態に保てることが重要です。そのため、薄毛(抜け毛)対策のシャンプーはしっかりとした洗浄力を持っているシャンプーを選ぶようにしましょう。

ただし、普段から化粧水にもかぶれるような敏感肌の人は注意が必要です。あまりにも洗浄力が強いシャンプーを使うと、頭皮が炎症を起こしてしまい薄毛(抜け毛)が進行するだけではなく、皮膚科を受診しなければならないほどの肌トラブルになる恐れもあります。肌の弱い人は慎重に選んでください。

成分をチェック

成分をチェック

成分をチェック

余計な成分が入っていないかもチェックの際には重要なポイントです。
特に肌の弱い人は、できるだけ香料などの添加物が少ないものを選びましょう。薄毛(抜け毛)対策のシャンプーは継続して使うことがなによりも大切なので、肌トラブルによって途中で使用を中止してしまうと、思ったような効果が得られなくなってしまいます。口コミなども参考にしながら選ぶと良いでしょう。

使用感も大切に

使用感も大切に

使用感も大切に

毎日使うシャンプーですので、使用感も選択の重要なポイントになることは間違いありません。
サッパリした洗いあがりが好きな人もいれば、使った瞬間からしっとり感を感じられるシャンプーが好きな人もいるでしょう。
個人の好みによって好きなシャンプーには大きく差が出るため、自分に合ったものを選ぶことが継続の秘訣となります。また、特に敏感肌などではない人は香料にも注目して選ぶのがおすすめです。シャンプーは残り香も残るため、嫌いな匂いのシャンプーを選んでしまうと普段遣いするのが苦痛になってしまう恐れがあります。
使用後の感触や香りなど、自分の好みに合うものを選ぶようにしてください。

薄毛(抜け毛)は原因に応じた対策で進行を遅らせよう!

薄毛(抜け毛)が始まってしまうと、もう何もできないとすぐに諦めてしまう人も少なくはありません。しかし、薄毛(抜け毛)の原因に応じた対策をすることで、今までのような髪を取り戻すこともできますし、少なくとも薄毛(抜け毛)の進行を遅らせることは可能になるでしょう。原因をしっかり分析し、自分で対策しながら健康な頭皮・毛髪を手に入れてください。