性交痛・出血は病気のせい?セックスに関する悩みの原因と治し方

性交痛・出血は病気のせい?セックスに関する悩みの原因と治し方

性交痛・出血は病気のせい?セックスに関する悩みの原因と治し方

性交痛・出血は病気のせい?セックスに関する悩みの原因と治し方

「性行為が苦手」「気持ちよさが分からない」と悩んでいる女性は少なくありません。
性行為は大切なパートナーと行うものだからこそ、苦手意識を克服したいと焦っている女性も多いのです。
ではなぜ、性行為に苦手意識を持ってしまうのでしょうか。もしかすると、性交痛や性行後の出血が原因かもしれません。性行為で不快な症状が表れたため、苦手意識を持ってしまっているのです。
このような不安感、症状を解決する方法を、ご紹介していきましょう。パートナーと絆を深める魅力的なセックスライフのためにも、是非参考にしてみてください。

性交痛や出血を我慢してない?痛くて入らないセックスの不安解消法から症状別の原因究明

性交痛や出血を我慢してない?痛くて入らないセックスの不安解消法から症状別の原因究明

性交痛や出血を我慢してない?痛くて入らないセックスの不安解消法から症状別の原因究明

性行為の痛みや出血は、大きな不安となります。
一般的に気持ちがいいとされる性行為で、「自分だけが痛いのではないか」「このままずっと痛みが続くのではないか」と辛い思いを抱えてしまいやすいのです。
また、容易に相談できないことも、不安感を大きくしてしまいます。
両親に相談することはもちろんできませんし、信頼する友人にも打ち明けにくいものです。そこでこの記事では、性交痛や出血に関する様々な疑問と、それらを治す具体的な方法について解説していきましょう。
性交痛や出血は、理解することによって解消することも可能です。まずは、性交痛を感じている女性の割合や傾向、その他の現状について、詳しくご紹介していきましょう。

挿入が痛いのはいつまで?

挿入が痛いのはいつまで?

挿入が痛いのはいつまで?

性交痛を感じやすいのは、主に初めて性行為を行った後です。
初めての行為で性交痛を感じる理由は、処女膜が関係しています。処女膜とは、膣の入り口付近に存在する薄いひだ状の粘膜のことです。
「膜」というと、膣をさえぎるように存在しているかのように思われますが、実際には中央に穴が開いており、そこからおりものや月経の出血が放出されています。
処女膜は女性1人1人、形や薄さが異なるものです。
硬くて厚い人もいれば、薄く柔軟な場合もあります。稀に、完全に膣をふさいでいるケースもあるほど、人によって様々です。初めての性行為で痛みを感じるのは、ひだ状の処女膜が挿入により損傷し、粘膜が裂けるような状態になるためです。
同時期の出血も、粘膜の損傷が関係しています。粘膜が損傷しても、大きな問題はありません。複数回の性行為や出産で完全に処女膜がなくなる人もいますが、体にとって大きな害はないのです。
処女膜が厚かったり、硬い場合、初めての性行為や複数回の性行為を重ねても、痛みを感じる場合があります。
一般的に、1~5回程度で痛みは和らぐとされていますが、処女膜の状態が異なるように、痛みの期間も様々です。いずれにしても、初めての性行為で痛みが出たり、それが数回続いた場合であっても、大きな不安を感じる必要はないでしょう。

性交痛を感じている女性・・・14%

性交痛を感じている女性・・・14%

性交痛を感じている女性・・・14%

初めて性行為を行ったわけでもなく、性行為の回数が少ないわけでもないのに、性交痛や出血を伴う女性も珍しくありません。
性交痛に悩む女性は、14%程存在するというアンケート結果も存在するのです。
性交痛を感じている女性の多くは、慢性的に痛みを抱えており、性行為によって激しい痛みを感じたり、我慢できるほどの痛みを感じるなど様々な状況となっていました。
また、外陰部と呼ばれる膣の入り口や、周辺領域に痛みを感じる場合が多いようです。性交痛に悩む女性に大きな関連性はなく、年齢や体型、出産の有無などに共通点は見られませんでした。つまり、どのような女性であっても、性交痛を感じる恐れがあるということです。

40代女性の性交痛・・・63.8%

40代女性の性交痛・・・63.8%

40代女性の性交痛・・・63.8%

年齢別の性交痛状況についても、ご紹介していきましょう。
40代の既婚女性の場合、63.8%もの人々が、「いつも」または「たまに」性交痛を感じているということが分かりました。
これは、20代既婚女性であっても大きな変化はありません。つまり、性行為の状況や体調により、女性は性交痛を感じやすいということです。
性交痛に、年齢等が関係していないことも分かるでしょう。しかし、痛みの理由については、年代によって異なるのではないかという意見も見られます。
20代と年齢が低い場合、パートナーの未熟さもあり、潤滑液の不足が考えられるのです。はやる気持ちを抑えられない準備不足が、性交痛の原因ではないかと考えられています。一方40代の場合、相手への不信感や、女性の体調そのものが関係している可能性があるのです。
後項の「性交痛・出血の原因」でも解説していきますが、性交痛には心理的状態も、大きく関係することが分かっています。

パートナーに伝えられない・・・70%

パートナーに伝えられない・・・70%

パートナーに伝えられない・・・70%

性交痛・出血の他に深刻なことは、約70%の女性は男性に痛みなどの異常を伝えられないという部分です。
性行為は長時間続くこともあり、また1日に複数回行うことも珍しくありません。その間、女性は痛みや不快感を抱え続けなければならないのです。
パートナーに痛みを伝えられない理由は、「雰囲気を壊したくない」「どのように伝えればいいかわからない」といったものが大多数となっています。
他に、「下手と言っているようで気が引ける」「我慢すればいいだけ」といった健気な意見も見られました。性交痛や出血は、女性側の問題だけではありません。パートナーと共有し、対策をとらなければならないのです。
慢性的な痛みを我慢していると、体だけではなく心にも大きな負荷をかけてしまいます。

性交痛・出血の原因

性交痛・出血の原因

性交痛・出血の原因

性交痛や性交の発生する出血には、様々な要因が考えられます。
「年齢のせい」「回数が少ないため」といった原因だけが要因ではない場合も多く、女性側は正しい理由を知っておかなければならないのです。
前項でも解説したように、性交痛をパートナーに伝えられず放置してしまうと、心身に大きな悪影響を及ぼしてしまいます。まずは、自身の性交痛がどのような原因によって引き起こされているのか、正しく理解しておきましょう。

体質

体質

体質

性交痛は、生まれつきの体質により発生する場合があります。
処女膜が硬く厚い場合、痛みを感じやすいのです。また、生まれつき処女膜に穴が開いていない女性も存在し、このような場合も必要以上に痛みを感じてしまいます。
処女膜の状態だけではなく、体の柔軟性によっても、痛みを感じる場合があります。
股関節や関連する筋肉に柔軟性が乏しい場合、挿入する体位によって大きな痛みが生じてしまうのです。痛みを感じると、さらに体がこわばってしまうため、より痛みを強く感じるようになってしまいます。
長座し両足を90度以上開けない、開いた状態から前方に体を倒す際痛みを感じるようであれば、柔軟性が乏しい可能性があるでしょう。

ラテックスアレルギー

ラテックスアレルギー

ラテックスアレルギー

ラテックスアレルギーも、体質による性交痛の原因の1つです。
性行為に用いられるコンドームは、ほとんどの場合ラテックスと呼ばれる天然ゴムのような成分から作られています。
ラテックスアレルギーの女性が、ラテックスから作られたコンドームを使用すると、アレルギー反応を起こし、痛みを感じてしまうのです。ラテックスによるアレルギー反応は、多くの場合接触後1時間以内に発症します。症状は、外陰部が痛くなったり、膣や粘膜に痒みを感じるなどです。
アレルギーによる症状は、次第に悪化する場合が多く、全身の蕁麻疹やぜんそくに似た症状も見られ、命の危険性まであります。また、ラテックスアレルギーは、突然発症する場合もあるため、注意が必要です。成人前は問題なかったのに、成人後突然発症するケースもあります。
アボカドやキウイフルーツなどを食べた時、口に違和感を感じた場合は、ラテックスアレルギーの可能性があるため、一度検査してみましょう。

犬アレルギー

犬アレルギー

犬アレルギー

それ程多い原因ではありませんが、犬アレルギーを持っている場合、性交痛を感じる場合があります。
犬の精液に含まれるPSAと呼ばれる成分と、人間の精液に含まれるPSAは非常に似ている物質です。
つまり、犬アレルギーがあるということは、人の精液へのアレルギー反応も出る可能性があり、アレルギー反応が痛みの原因ということになります。アレルギー反応は、特定の成分に過剰に触れたことによって発症するものです。
そのため、「犬を飼っていないから安心」と考える女性もいることでしょう。しかし、アレルギー反応を引き起こPSAは、犬の精液だけではなく尿やフケにも含まれています。外出先や知人宅で、犬の尿やフケに触れてしまう機会はいくらでも想像できるでしょう。
知らず知らずのうちに、精液へのアレルギー反応が出てしまっている可能性があります。

前戯時の傷つき

前戯時の傷つき

前戯時の傷つき

性交痛の多くは、前戯による傷つきが原因で発症します。
水分もなく、オイルなどの潤滑油を使用せず皮膚を擦り続けると、赤くなったり、痛みを感じるでしょう。膣内でも、同様の現象が起こっています。
挿入前に指を使って膣内を必要以上にこすると、摩擦による皮膚炎が発生し、痛みを強めるのです。
爪など鋭利な部分で刺激し続けた場合、膣内を傷つけさらに痛みを強める可能性があります。また、この時に作られた傷が炎症を起こし、継続的な痛みの原因とある場合もあるのです。
前戯での傷つきは、パートナーの未熟さが大きく関係しているため、女性の意識だけでは改善できません。パートナーと共に、性行為のあり方について認識し直す必要があるのです。

女性ホルモンの変化

女性ホルモンの変化

女性ホルモンの変化

年齢や病気に伴う女性ホルモンの低下が、性交痛を引き起こす場合もあります。
女性ホルモンが低下すると、膣内の分泌物が減少し、潤滑液としての役割を担うことが出来なくなってしまうのです。潤滑液が不足することにより、膣内が傷つきやすくなり、痛みが発症しやすくなります。
また、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが低下すると、膣の収縮が始まります。これまでであれば容易に受け入れられた男性器が、徐々に受け入れられなくなってしまうのです。
エストロゲンの低下は、若年層であっても発生します。ストレスによる自律神経の乱れや、うつ病など心理的要因で発生する場合もあるのです。過度なダイエットや睡眠不足、不規則な睡眠習慣でも低下することが分かっています。

性感染症

性感染症

性感染症

性感染症も、性交痛を引き起こし、時には激しい痛みを継続的に発生させます。
性感染症には様々な症状、種類があり、自力で完治させることはほぼ不可能です。性行為を行うパートナーにも移してしまう可能性が高いため、不安を感じた際はすぐに対処しましょう。
性行為の前後に痛みを感じるだけではなく、放尿時の異変や性器に水疱ができている、またそれらが潰れ痛みを感じるようであれば、医療機関の受診が必要です。
おりものの色の変化や質感の変化、悪臭を感じた場合も、注意するべきでしょう。性感染症は、不妊の原因になるケースもあるため、注意深く観察する必要があります。

出産による体の変化

出産による体の変化

出産による体の変化

出産すると、女性の体も生活スタイルも大きく変化します。
そのため、出産前と同じような性行為を行っているのに、性交痛を感じる場合があるのです。出産後は、4~6週間性行為の自粛を求められます。帝王切開や会陰の傷、子宮や産道への大きなダメージが考えられるためです。
しかし、この期間は、全ての女性に該当するわけではありません。産後のダメージ回復には、個人差がありますし、性行為は体の準備だけで行えるわけでもないのです。産後、女性ホルモンのバランスが乱れ、潤滑液が出にくくなったり、性行為そのものに嫌悪感を抱いてしまうケースがあります。
このように心が伴っていない場合、体の状態が万全でも、性行為に抵抗感を持ってしまいますし、性交痛も感じてしまうのです。

心理的抵抗感

心理的抵抗感

心理的抵抗感

妊娠・出産後でなくとも、心理的抵抗感から、性交痛を感じる場合があります。
望まない性行為や過去の苦痛などから、性行為に恐怖心を抱き、体のこわばりを発生させる場合があるのです。力んだ状態では、痛みを感じやすくサポートするための潤滑液も、十分に分泌させることができません。
このような苦痛を、パートナーに伝えられなければ、孤独感からさらに心理的抵抗感を強めてしまうでしょう。また、心理的抵抗感は、パートナーへの不信感から生じるケースもあります。
日常的にサポートしてもらえない、心無い行為や言葉を受けた場合など、性交痛を感じやすくなってしまうのです。
このような心理的抵抗感は、傷や性感染症とは違うものの、医療機関やカウンセリングの必要もある重大な事柄です。
つまり、数日で解決したり、解決後すぐに性行為できるといった簡単なものではありません。心への傷は、体への傷と同じく、長期的な治療が必要となるのです。

処女膜強靭症

処女膜強靭症

処女膜強靭症

処女膜は、人によって様々です。
通常よりも厚く、そして硬い場合、処女膜強靭症の可能性があります。処女膜により膣の入り口が狭くなってしまうため、性行為の挿入で強い痛みを感じてしまうのです。
強い痛みだけではなく、処女膜の破損から出血するケースもあります。無理に挿入したり、また強い痛みの中性行為を続けてしまうと、大量出血を引き起こし緊急搬送の危険もあるのです。
処女膜強靭症は、月経などに変化が表れないため、自覚することが非常に難しいでしょう。他に、処女膜閉鎖症という状態も、性交痛を引き起こします。思春期に月経が見られず、定期的に下腹部痛が見られた場合、処女膜閉鎖症を疑う必要があるでしょう。いずれも、医療機関の受診が必要です。

性交痛・出血の解決方法

性交痛・出血の解決方法

性交痛・出血の解決方法

性交痛や、性行に伴う出血は、女性にとって大きな悩みとなります。
相談しづらい事柄のため、痛みを長期間我慢してしまう女性も、少なくありません。
このような我慢が、症状を悪化させたり、心身に大きな影響を与えてしまうのです。そのため、軽い痛みであっても、また稀に発生する痛みであっても、注意深く観察しそして解決を目指さなければなりません。
ここからは、性交痛・出血の具体的な解決方法について、ご紹介していきましょう。自分自身の体と、将来を守るためにも、しっかりと読み進めてみてください。

痛み・出血のタイミングを理解する

痛み・出血のタイミングを理解する

痛み・出血のタイミングを理解する

まず1番始めに行うことは、痛みや出血のタイミングを理解することです。
性行為の前に感じるのか、後に感じるのか、下腹部が痛むのか外陰部など性器周辺が痛むのかなど、詳しい状況を理解しましょう。
性行為の前に痛みを感じる場合は、心理的要因が関係している可能性があります。性行為の後に強い痛みを感じる場合は、性行為の内容に問題があるか、膣内部にトラブルを抱えている可能性があるでしょう。
このように、痛みや出血の状況から、原因を絞り込むことが可能です。誰かに相談したり、インターネットを使って検索する際も、より内容を絞り込み的確な答えを探し出すことができます。
痛みや出血のタイミングが不特定の場合、それもまた重要なポイントとなるため押さえておきましょう。性交痛や出血の原因が、複数の場合も十分に考えられます。様々な状況を理解し、原因を探っていきましょう。

パートナーに伝える

パートナーに伝える

パートナーに伝える

性交痛・出血の解決には、パートナーの協力が必要不可欠です。
痛みを抱えている状態を我慢し、パートナーの要求に応えていると、体の傷が原因だったにも関わらず、心の傷も加わり状況を悪化させてしまいます。
また、性交痛や出血が、パートナーの行為が原因の可能性もあるのです。性行為は、1人で行うものではありません。体と心を守り、将来的に安心した性行為を行うためにも、パートナーへ状況を伝えるようにしてみましょう。
「理解してもらえた」「知らせることができた」という安心感は、心理的要因による性交痛を解消するきっかけにもなり得ます。言葉を選びながら、自身の状況を真摯に伝えてみましょう。

骨盤底筋トレーニング

骨盤底筋トレーニング

骨盤底筋トレーニング

骨盤底筋を鍛えることにより、性交痛を解消し、快適な性行為を行えるようになります。
骨盤底筋とは、肛門や膣をコントロールしたり周辺臓器を保持する筋肉群のことです。骨盤底筋の機能が低下すると、膣圧や肛門の開閉を上手くコントロール出来なくなってしまいます。
膣圧を弱め男性器を迎え入れたり、自分が心地いいと感じる膣圧にとどめておくことが出来なくなってしまうのです。また、骨盤底筋の低下は、下半身の血流を滞らせるため、痛みを生み出す物質を、上手く排出できなくなります。
下半身の血流は、潤滑液にも関係してくるため、骨盤底筋は性交痛に深く関係しているのです。骨盤底筋トレーニングは、どこでも簡単に行うことができます。トレーニングは1つだけではなく、道具を使ったものや体勢を変えたものなど様々です。
ここでは、一般的なトレーニング方法について、ご紹介していきましょう。まず、足を肩幅に開きます。
この時、立っていても座っていても問題ありません。その後、肛門に力を入れ限界まで閉めてみましょう。感覚が掴めない人は、肛門と膣の間に力を入れてみてください。その状態を3~10秒キープします。キープを解き、リラックスする時間を3~10秒作りましょう。これが、1セットとなります。このトレーニングを、1日5~10回繰り返しましょう。
骨盤底筋トレーニングは、尿漏れや下半身痩せにも効果を発揮します。仕事中や家事の合間にも実施しやすいトレーニングのため、是非週間化してみましょう。

サポートアイテムの活用

サポートアイテムの活用

サポートアイテムの活用

年齢やホルモンの変化から性交痛が発生している場合、食事やトレーニングではすぐに効果を発揮できない場合があります。
そこで、サポートアイテムの活用もおすすめです。性交痛を和らげる潤滑油を利用したり、女性ホルモンの補給をサポートするサプリメントなどがあります。膣内をマッサージすることにより、膣の血流を促し収縮を改善するダイレーターやバイブレーターなども販売されているのです。
このようなサポートアイテムは、自身のタイミングで使用でき、強弱を選択できる部分もメリットだと言えるでしょう。パートナーとの共同改善は、状況を上手く伝えられず症状が悪化する場合もあります。1人で行えるため、不安感を抱きにくく、痛みに合わせて止めることもできるため、非常におすすめです。
サポートアイテムは、一般的な通販サイト等で簡単に購入できるため、羞恥心も感じにくいでしょう。まずは、どういった商品があるのか、調べてみるところから始めてみてください。

医療機関の利用

医療機関の利用

医療機関の利用

性交痛は、処女膜の様子や体質が関係している場合もあります。
このように、体の特徴が関係している性交痛は、個人での解決が難しく、医療機関のサポートが必要でしょう。
性交痛や性行為の悩みを抱えている時は、産婦人科や婦人科を受診します。性感染症の疑いがある場合は、性病科(性感染症内科)や泌尿器科への受診が必要です。性感染症の有無を調べたいだけであれば、各地方の保健所で検査することもできます。
検査は匿名で受けることができ、無料で実施することが可能です。(各自治体によって異なります)デメリットは、検査日が予め設定されている場合が多く、自身の希望日と合いづらい部分でしょう。
性感染症の有無は、医療機関でも実施することができます。性感染症は、将来の妊娠を大きく左右する場合もあるため、不安を感じた場合はできるだけ早く確認しておきましょう。

性交痛・出血は心にも悪影響!原因を究明し心地よいセックスライフ

性交痛・出血は心にも悪影響!原因を究明し心地よいセックスライフ

性交痛・出血は心にも悪影響!原因を究明し心地よいセックスライフ

性交痛や出血、その他性行為に関する悩み事は、デリケートな事柄であり、多くの女性が自分だけで抱えてしまいます。
誰かと共有することが難しく、「自分だけが悪いのではないか」「このまま性行為が出来なくなるのではないか」と大きな不安を長期的に抱えてしまっているのです。性交痛・出血には、必ず原因が存在し、その多くは適切な対処によって解決することができます。
まずは、痛みの原因を理解し、自身の体を深く理解してみましょう。性交痛・出血など性行為に関する悩みを解決できれば、より心地いい性生活を送れるようになり、パートナーとの絆もより一層深めることができます。怖がらず、自分の心身と向き合っていきましょう。